美味しいラーメンを食べるのではない、ラーメンを美味しく食べるのだ。 最終更新2017年1月31日
4626軒8163杯

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県
13軒13杯 4軒4杯 4軒4杯 13軒15杯 5軒5杯 15軒15杯 26軒31杯
東京都 神奈川県 埼玉県 千葉県 茨城県 栃木県 群馬県
2634軒5174杯 1145軒1943杯 97軒153杯 58軒60杯 21軒23杯 17軒17杯 16軒19杯
山梨県 長野県 新潟県 富山県 石川県 福井県
16軒20杯 16軒16杯 14軒15杯 3軒3杯 5軒5杯 3軒3杯
愛知県 静岡県 岐阜県 三重県
108軒155杯 130軒161杯 11軒11杯 8軒9杯
大阪府 兵庫県 京都府 滋賀県 奈良県 和歌山県
120軒149杯 24軒30杯 25軒31杯 8軒9杯 10軒12杯 5軒5杯
岡山県 広島県 鳥取県 島根県 山口県
5軒5杯 2軒2杯 3軒3杯 3軒4杯 3軒3杯
徳島県 香川県 愛媛県 高知県 沖縄県
2軒2杯 2軒2杯 3軒3杯 3軒3杯 5軒5杯
福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県
6軒6杯 3軒3杯 2軒2杯 3軒3杯 2軒2杯 2軒2杯 4軒4杯

最近食べたラーメン

辛味噌ラーメン松本@歌舞伎町二丁目
麻婆辛味噌ラーメン800円 2017年2月1日
スープはパクリと噂の店と同じ出汁に、数種類の化調の味わい、味噌は紅一点なので美味しくいただけます。野菜は白菜、人参、玉ネギ、豚バラ肉、もやし、キクラゲ、スライスガーリック。麺はサッポロ製麺の中太麺、スープに合っているわけではありませんけど、美味しくいただけます。「特選高級麺」と書かれている店先に立てかけられている木札が他店のと違うなぁ。
ラーメン郷(ごう)@高座渋谷(大和市渋谷2-15-10)
味噌800円、ひき肉 2017年2月2日
豚骨や鶏ガラスープでモヤシ、タマネギ、生姜、ニンニクなどを煮込んで作り上げるスープ、味濃いめ。「濃かったら薄めます」と店内に貼り出されています。森住製麺の中細縮れ麺、は安定した美味しさ、相性に関しては全く問題を感じません。トッピングは細切りメンマ、薬味ネギ、ゆっくりとゆっくりと味わいます。ひき肉は挽肉を店内で調理されていて、この味噌ラーメンにしか合わないだろな。
博多一風堂上野広小路店@上野広小路(台東区上野)
味噌赤丸860円、サービス券で半熟塩玉子 2017年2月3日
コーン、刻みタマネギを沈めたシルキーな豚骨スープにたっぷりの赤味噌を合わせ、トッピングとして青ネギ、キャベツ、辛味噌、ひき肉。麺は赤丸の極細平打麺、カタメン指定を忘れてしまいましたが、美味しい味噌スープに引っ張られて、とても美味しい。
らーめん雅楽@あざみ野(横浜市青葉区)
ピリ辛キムチの油そば900円 2017年2月3日
初めてキムチを使ったラーメンです。『本場韓国の方が作った美味しいキムチを油そばに乗せて、ピリ辛プラス甘みとコクのある油そばに仕上がりました。トッピングには角切りチャーシュー・ニンニクの芽・ニラ・ネギ・のり・もやしを添えいろいろな食感のハーモニーも楽しんでいただけます!今回もスープ付き大盛り無料で提供いたします。』
らーめん屋さとう@秦野市
和風醤油730円 2017年2月4日
丼は以前のままですが、鰹出汁が強めに効いた分かりやすい味わいのスープ、美味しいですよね。
らーめん屋さとう@秦野市
味噌野菜780円 2017年2月4日
いわゆるWATARU@秋葉原での看板メニューの再来、スープ量はちょっと少なめ、いずれに自分も食べてみたい
らーめん屋さとう@秦野市
汁なし担々麺880円 2017年2月4日
辛みは程々ながら痺れはかなり効かされていて、ここまで本格的な汁なし担々麺はこのあたりでは食べられません。麻生製麺の中太麺、タレによく馴染んで美味しいですね。
麺処凪@平塚市
塩らぁ〜麺750円 2017年2月5日
飲んだ印象では牛骨ではなく牛テールスープと思われる薄い味わい、魚貝もアサリと思われる薄めの出汁、塩味も薄めで、全体的に弱めの印象を受けます。極細麺は製麺所不明、茹で加減はちょうどいい感じで、美味しくいただけます。全体的に黒胡椒を薄っすらと掛け、チャーシュー、メンマ、なると、生ニラをトッピング、海苔は受け皿に。ネギが無くてもいいけど、生ニラはスープに合わない様に感じました。
麺処凪@平塚市
タンタン麺750円 2017年2月5日
「すりゴマ、練りゴマがダブルで効いたオリジナル担々麺」と説明されていますが、芝麻醤とは違うんだ。塩ラーメンと同じ寸胴のスープに思え、辛さは色から見ても薄めで飲みやすい。中太麺と違う麺を使っていて、スープに合わせた感じではありません。トッピングは塩ラーメンとは異なる太めのメンマ、辛み付けされた挽肉、白髪ネギ、糸唐辛子がひとつまみ、パクチーは別皿。
らーめん蓮@蒲田(大田区西蒲田)
辛味噌らーめん830円 2017年2月6日
どう見ても花田ですよね?ほぼ同量の豚ガラと鶏ガラを徹底的に炊き出し、何度も漉して骨粉などを取り除いた、東京唯ニの濃厚味噌スープ。舌なめずりするほどの濃厚味噌スープには玉ねぎとモヤシが煮込まれていて、追加の野菜は白ネギ。トッピングはチャーシュー、メンマ、スープに合いますねぇ。太麺は三河屋製麺、わずかにざらつく麺肌、しっかりとしたコシ、それでいて柔らか仕上げ、旨いですなぁ。
中国東北料理哈爾濱(ハルピン)@末広町(千代田区外神田)
白ゴマタンタン麺720円 2017年2月7日
担々麺に黒ゴマはあまり使わない印象ですが、別に白胡麻だからと言って美味しくないわけではないし。鶏ガラスープに細麺がいい感じですね。
麺屋こころ神楽坂店@飯田橋(新宿区神楽坂)
塩ラーメン730円 2017年2月7日
化調の美味しさがハッキリ分かる鶏ガラ出汁のスープ、基本的にはセントラルキッチンですが、何店かは店内炊きとのこと。ラーメン用の細麺は太陽食品の特注麺で、まぜそばの太麺がかなり力強いので、細麺がか弱すぎる印象です。
辛味噌ラーメン松本@歌舞伎町二丁目
激辛味噌ラーメン830円 2017年2月8日
レンゲでスープを飲んでみると豚足出汁特有の粘りのある食感、旨みは紅一点の味噌と化調だけですが、それがまた旨いわけで。スープに沈められている豚バラ肉はカピカピの辛子肉ではなく、解凍したての柔らかさを感じます。スライスガーリックはもちろんフリーズドライですけど、生に近い食感。サッポロ製麺の丸中太麺、スープによく絡みます。スープの辛さはかなりのもの。
ちゃんぽん酒場@台東区上野
鉄鍋焼きちゃんぽん430円 2017年2月9日
他のフライパンで焼き上げたようなちゃんぽん麺に、キクラゲ、かまぼこ、もやし、にんじん、キャベツ、などなど。
麺処花田上野店@上野(台東区上野)
辛味噌つけめん(あつもり)960円、サービス野菜 2017年2月10日
つけ汁はラーメンスープと同じ粘度の高い豚ガラ鶏ガラスープ、炊き出してから何度も何度も漉しているので、口にべとつかないし、後味もすっきりしていて、とても美味しい。さらにそのスープで注文が入るたびに野菜を煮込みつつ赤味噌を合わせている味噌スープ。三河屋製麺の太麺、茹で上げてから冷水で粗熱と滑りを取り、さっと熱湯を潜らせてから唐辛子を和えています。
味の天徳八王子店@八王子(八王子市中町)
ジャージャー麺490円 2017年2月11日
大きな丼なのでとても混ぜやすく、大きくかき混ぜると美味しい香りが漂っていて、混ぜている間に食欲がどんどん高まります。その後押しもあってか、辛めの肉味噌に絡んだ太麺がとても美味しく食べられます。味変は不要かと思いましたが、途中からラー油、酢、そしておろしニンニクを合わせて美味しく頂きました。
ラーメン三浦屋@相模原市中央区横山4-23-15
とんこつモヤキャベラーメン750円 2017年2月12日
見るからにラーメン二郎インスパイアの麺相、モヤシよりキャベツが多く、わずかに硬さを残すしっとりとした茹で具合。スープは豚骨出汁で背脂も振られており、かなり強めに効かせた醤油ダレは塩辛ささえ感じます。麺量は2玉、佐久間製麺(上溝時代は大橋製麺だったような)の平打太麺、つるりとした麺肌に固め仕上げでとても美味しいです。トッピングは炙りチャーシュー、刻みニンニクがどっさりと乗せられます。
台湾まぜそばこころ御茶ノ水店@神保町(千代田区神田小川町)
台湾まぜそば(小)780円 2017年2月13日
トッピングはニラから初めて右回りにネギ、刻み海苔、魚粉とおろしニンニクがトッピングされていませんでした。全体的に辛さを感じるのは台湾ミンチの辛さ、セントラルキッチンのはずですが、店舗によって違いがありますね。やや縮れた太麺は太陽食品の麺彩物語、まぜそばは事前に麺とタレが混ぜてあり、今日のは特に丁寧に混ぜてあってとても食べやすく、食べやすいと美味しく感じます。
油そば春日亭神保町店@神保町(千代田区神田小川町)
しょうゆ油そば590円 2017年2月13日
スタンダートのトッピングはチャーシュー、メンマ、ネギとなります。油そばですので麺とタレは混ぜておらず、自身で一から混ぜることになり、油そばですので無条件で辣油と酢を回しかけていただきます。ものすごく美味しいと言うことは無いけど、普通に美味しく食べられます。
元祖旨辛系タンメン荒木屋@蒲田(大田区西蒲田)
大辛野菜麺900円 2017年2月15日
蒙古タンメン中本に「北極やさい」という似て非なる料理があるとネットにありますが、全く違う料理。ここのは唐辛子を練り込んだ赤味噌を溶かし込んだスープに、炒めたての野菜をトッピングしてあります。「炒めても煮込んでも野菜は野菜」「スープと一緒に煮込んで、別に炒めても、野菜は野菜」を基準にすれば似ていると言えなくもありません。合わせる麺はサッポロ製麺の太麺、噛み締める旨さ、素晴らしい。
せたが屋品川店@品達
らーめん720円 2017年2月16日
クラシカル感が漂う見た目ですが、味わってみればスッキリとした魚介豚骨スープが何とも美味しい。変化、進化、昇華などと食べて分かる違いを感じさせませんが、少しづつ磨いてきた味わいに驚くばかりです。角中太麺は自家製麺でしたっけ、やや短尺で食べやすい太麺。はスープとの絡みは程々で、これはこれで美味しい。トッピングはチャーシュー、メンマ、刻みネギ、板海苔一枚。
油そばの店蜻蛉@平和島(大田区大森北)
豚バラ加里油そば880円 2017年2月16日
今月から始まったカレー、油そばにカレーのルーを掛けてあるので、まんまカレーラーメンです。スパイスから仕込まれたカレーはさらさらタイプ、一口大の豚肉と大振りに刻まれたネギが合わせてあり、麺に合わせると言うよりカレーそのものを楽しめます。劇的に美味しいわけではないけど、三河屋製麺の太麺に合わせてあります。となると、トッピングの半熟玉子、刻み海苔、万ネギはいらないんじゃないかな。
さんじ@稲成町(台東区東上野)
CrazyCrab1,000円 2017年2月17日
スープのダシ?に使われている蟹はマッドクラブ(和名:ノコギリガザミ)のみ、蟹をこういう調理方法で食べたことが無いので、期待と不安が入り混じりながら食べて見ると、かなり旨い。脂がかなり多いのですが、鶏清湯のような喉越し、魚介出汁のような後味、なんなんだよこの旨さは。合わせる浅草開化楼の細麺、麺が強くてスープを寄せ付けていませんので、スープと麺は別々に味わうことになります。
ラーメン&ビストロ ウシオウエノイースト@稲荷町(台東区東上野)
にほんいち醤油そば870円 2017年2月17日
ふんわりと漂う魚介の香りに両手を差し入れて丼に触れ、スープを頂くと魚介の味わい。するすると食べられる美味しい極細麺は淡路町店から自家製麺を持ち込んでいるのかな、ぴったりとスープに合っています。トッピングは豪華で肩ロースのチャーシュー、鴨肉三枚、半熟玉子、紫タマネギ、水菜。
らぁ麺赤青MURASAKI@武蔵小金井(小金井市本町)
赤青醤油らぁ麺880円 2017年2月17日
鶏出汁スープを基本に、船橋産ホンビノス貝とムール貝の出汁を合わせ、醤油の美味しさがしっかりと伝わってくる美味しいスープ。天才的な閃きでは無く、多くの努力と長い修業の過程での味なのだと感じ、これからまだまだ美味しくなるな、と。麺は大成食品の極細麺、スープと相性がいいようには感じられませんでした。トッピングは茸フレークを乗せた鶏チャーシュー、豚チャーシュー、細めのメンマ、貝の身、薬味ネギ、茗荷、三つ葉。
麺屋こころ溝の口店@武蔵溝ノ口(川崎市高津区溝口)
台湾まぜそば780円 2017年2月18日
トッピングはニラから右回りにおろしニンニク、魚粉、刻み海苔、長ネギ、センターに台湾ミンチ、卵黄。よく混ぜて食べてみると、これまで食べたのに比べて辛さ控えめ、台湾ミンチの合挽肉の美味しさが全体に広がります。湯切り後にテポざるに擦りつけてタレに絡みやすくした太麺、店内には麺彩物語と太陽食品の二種類の麺箱が置かれています。
鶏と魚だしのつけめん哲 溝の口店@溝の口(川崎市高津区溝口)
濃厚強火炊きつけめん840円 2017年2月18日
カネジン食品の平打ち縮れ麺にはかいわれ大根が乗せられ、レンゲにはきざみ揚げ(鶏皮の唐揚げ)が乗せられています。つけ汁は鶏白湯をベースにして魚介のあら炊きスープをブレンド。白菜の小切りが煮込まれていて、メンマ、チャーシュー、薬味ネギが沈められていて、時々つまんでいただきます。途中、きざみ揚げを浸して食べてみましたが、これがまたいい感じで、他店でなぜ真似しないのか不思議なほど。
辛味噌ラーメン松本@歌舞伎町二丁目
あっさりあんかけらーめん800円 2017年2月20日
中本で言うところのいわゆる塩スタミナ、中本のは塩味ですが醤油味、中本のは全体があんかけですが、ここのはタンメンを作ってから再び中華鍋を振って調理した餡掛けが乗せてあります。これまでラーメンを8,000杯以上食べてきましたが、スープで野菜を煮込んだ後で餡掛けを調理するラーメンは初めて食べます。きっちりした豚骨スープ、、、じゃなくて豚足スープ、野菜たっぷりでとても美味しい。
すごい煮干ラーメン凪秋葉原UDX店@秋葉原拉麺劇場(千代田区外神田)
塩煮干ラーメン850円 2017年2月21日
スープはザ・煮干味で、数種類の煮干を合わせて煮出したと説明されていますが、ブランドした方が美味しいのか、単一煮干しの方が美味しいのか、私には分かりません。平打太麺は凪グループの自社製麺、かなりの硬め仕上げで、スープとの絡みは良くありません。幅が1センチを超えるイッタンモメン(でしたっけ?)が4本、「別に茹でました」的にトッピングされており、こちらはかなりの柔らかめ。
辛味噌ラーメン松本@歌舞伎町二丁目
激辛味噌つけ麺800円 2017年2月21日
蒙古タンメン中本での冷やし味噌ラーメンに相当する料理で、これにてメニューコンプとなります。ネット情報を探すと、中本より辛いとか辛くないとか、中本より美味しいとか美味しくないとか、見かけますけど、「中本の味」は店舗や調理人でかなり幅があるので、何に比べてなのかが分かりません。じゃあオマエは何なんだと言われれば、ワンランクもツーランクも辛くて美味しく感じます。
中国東北料理哈爾濱(ハルピン)@末広町(千代田区外神田)
五目野菜麺720円 2017年2月22日
五目と言えばウズラとか豚バラ肉が一緒に煮込まれている麺相を想像しますが、そうじゃなくて多めの野菜炒め。醤油ベースの鶏ガラスープでキャベツ、モヤシ、ニラ、ニンジン、キクラゲなどを煮込んだ、とても美味しいラーメンです。
麺屋こころ梅ヶ丘店@梅ヶ丘(世田谷区梅丘)
台湾まぜそば(小)780円 2017年2月22日
小の麺量が少なくなる代わりに半熟玉子が一つ付きますが、半熟玉子は一緒に混ぜにくいので、最初に食べてしまいます。全体をよくかき混ぜて食べると、台湾ミンチの味わいが他店と違って辛味を強く感じます。太陽食品の角太麺、台湾ミンチとの絡みの良さは変わらないのですが、他店と比べて半分くらいの長さの短尺麺。
東京味噌らーめん萬馬軒花橙(まんばけん はなだい)@梅ヶ丘(世田谷区梅丘)
味噌麻婆800円 2017年2月22日
鶏ガラスープ、豚骨スープをブレンドして、北海道の紅一点をしっかりと合わせたスープ、化調も多めで粘度も高めで、とても美味しいスープです。合わせる中太麺は三河屋製麺、僅かに硬め仕上げで熱々のスープをしっかりと受け止めていて、とても美味しい。通常の切り分け厚の倍の厚さの食べにくいほどのチャーシュー、材木メンマ、そして麻婆豆腐。
目黒らーめん萬馬軒@新宿区新宿三丁目
辛味噌らーめん890円 2017年2月23日
多めの鶏ガラと少なめ豚骨を煮出して丁寧に漉してとろりとした濃厚味噌スープ、中華鍋で一緒に煮込まれている野菜はキャベツ、モヤシなど。しっかりとした味わいの赤味噌がいい感じで、ぐいぐいと食べ進められます。三河屋製麺の中太麺はやや硬め仕上げ、初め硬めで途中で茹で上がるのがとても美味しいです。チャーシューは改善中とのことで、サンプル写真の「バラ巻き」ではなく「肩ロース風」になっています。
つけ麺坊主間宮@小伝馬町(中央区日本橋小伝馬町)
極辛つけめん1,050円、味付け玉子100円 2017年2月24日
唐辛子をミキシングした紅一点(北海道の赤味噌)を鶏白湯スープに溶かしこんだ、咳き込むほど辛い味噌スープ、この辛さがたまらなく旨い。そのスープにはサッポロ製麺の特注麺しか合わないだろう、間違いないだろう。つけ汁には1p角のチャーシューが食べきれないほど入っていて、食べている間に咳が止まっていました。
麺屋みのまる@厚木市下荻野844-1
柳らぁめん醤油830円 2017年2月25日
程よい甘み、程よい旨み、程よい脂身、程よい塩味、全てが美味しさに向かっています。パンチの効いた分かりやすい今風の旨さとは違いますので、現代の人気店のスープ比べるとウケは良くありません。角細麺は麻生製麺でしょうか、相性について水を含めて「試行中」に感じました。トッピングはチャーシュー二枚、細身のメンマ、茹で青菜、板海苔、白髪ネギ、半身の味玉。
麺屋みのまる@厚木市下荻野844-1
柚子塩らぁめん930円 2017年2月25日
この系統なら塩でしょ、もちろん塩でしょ、塩辛さは皆無で甘い塩スープ。ちらっと味見しただけですので感想は控えますが、いつかはしっかりと食べたいと思います。
横浜家系ラーメンすずき家@子安(横浜市神奈川区)
ラーメン(並)700円 2017年2月27日
しっかりと炊き出した豚骨スープに、鶏油を合わせた家系スープの王道、壱六系ですので背脂が多めに入っていて全体的にまろやかな口当たりです。透き通るほど柔らかめに仕上げて下さった長多屋製麺の平打中太麺、家系ラーメンの麺は柔らかめに限りますなぁ(個人的な好みです)。チャーシュー(標準では一枚です)、板海苔(標準では三枚です)、ほうれん草にうずら、スルッと食べてご馳走様でした。
麺屋こころ高田馬場店@西早稲田(新宿区西早稲田)
塩まぜそば810円 2017年2月28日
先ずは麺を全体の食材と混ぜるわけですが、なんか角太麺が他店より白くて違う印象で、食べてみても味が違います。店内には太陽食品の麺箱しか見当たりません。タレが醤油から塩に代わっただけではなく、トッピングも随分と変わっていて、ゴロゴロチャーシュー、水菜、メンマ、魚粉、おろしニンニク(食券を渡すときに要不要を確認されます)、刻み海苔、センターに長ネギ、糸唐辛子。卵黄はありませんが、特にゴロゴチャーシューが旨いので、醤油より好みです。
我羅奢@西早稲田(新宿区西早稲田)
鶏白湯らーめん塩750円 2017年2月28日
鶏白湯は今では特別に珍しくありませんが、開店当時の7年前は大流行、大流行の果てにベタベタするほど濃厚になる前で、後味すっきりの美味しいスープ。田中製麺の細麺はしっかりした食べ応えなのでスープには合っていません。トッピングは指定しない部分でモヤシと薬味ネギ、指定したチャーシュー二枚、穂先メンマ二本、半身の味玉。